未分類

副業の申告でも青色申告は可能

投稿日:

副業をして収入が増えていくというのは実にありがたいことです。あくまで副業ですから極端に大きな金額ではないということもあるでしょうが、それでも特定の金額を超えた場合には申告をしなければならないということになっています。
その金額が年間で20万円であるわけですが、そこで大事になってくることが経費に関することです。
その収入を得るために使ったコストとかに関しては経費として認められる部分があるわけでこれもきちんと申告するようにしましょう。
当然ながら経費の分を差し引いて20万円を超えている場合、というのが申告の義務になります。これがものすごく重要なことであり、可能な限り多くの経費を計上するということもできんを減らすためには必要になるわけですが、申告できるものとそうでないものというのがあるわけで、その点をしっかりと踏まえておくことです。
簡単に言いますと本当にその収入を得るために必要になった道具とかあるいは行為に関してかかったコストというのが申告できます。
そうはいってもよくわからない、ということも多いでしょう。そこでお勧めできるのが素直に税務署に聞きに行くことです。
自分で勉強したりとかネットで調べたりなんてことも可能ではありますがこういう副業をしていてこういう申告をしようと思っているのだが、これは経費として計上しても問題ないものであるか、とか相談が可能です。
税務署を決して怖い所ではありませんからきちんと申告をしたいからこそ、相談にいくわけですから、結構親身になって相談を受けてくれます。
ちなみにここで難しい問題としてあるのがその場でOKが出るというわけではなく、こういう風に申告しても問題ない、これは経費として認められる可能性が高いという話であってあくまでそこの税務職員の見解であり、税務署の見解ではないと言うことになりますので過信しすぎるのもまた良くないことになります。
申告の仕方も白色申告なのか青色申告なのかということによっても違いがありますし、そのその副業であれば本業が他にあるということになるでしょうからそれがサラリーマンであっても、青色申告はできます。
個人事業主として認められた届出を出すということが必須です。個人事業者として青色申告の使用を事前に認められた人というのがこれを利用できる方法になります。
継続的に行っているというような事業である必要性があって、その上、例えば前年の申告をするのにはだいたい次の年の2月半ばくらいから申告をするための書類などの受付が行われるわけですが、その時になって青色申告をしたいと言ってもダメです。
事前にそういう申告をするという申請をしておいて許可を得ておかないと駄目なので副業の収入の申告でも、青色申告にしたいのであれば事前にその許可を得ておかないといけないわけです。

-未分類

Copyright© 口コミレビューで検証!インターネット副業まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.