未分類

アフィリエイトの写真で大切なこと

投稿日:

レビュー記事を書く場合、レビューする商品の写真を記事内に掲載することが一般的です。「写真がきれいじゃないとダメなの?」「いいカメラを使う必要があるの?」など、さまざまな疑問が出てくることでしょう。
写真がきれいなことに越したことはありませんが、カメラテクニックよりも重要なことがあります。それは、記事を作成する側の視点ではなく、ユーザー視点の写真を掲載することです。
売りたい人の側の視点の写真の特徴は、自分が考えるこの商品のよい部分が中心になっています。
一方、ユーザー視点に立った写真の特徴は、買い手側から見たその商品のウリや、購入のためらいを取り除いてくれる写真です。
たとえば、化粧品のトライアルセットを記事内で紹介するとします。
「旅行サイト」の場合は、その化粧品が旅行の際に便利なことをアピールすることになります。トライアルセットは小さくて持ち運びしやすい、パッと使えて便利、といったことが伝わる写真を撮影します。
「美肌のためのコスメ」を紹介するサイトの場合は、ユーザーは化粧品の使用感や使ってどうなるのかを知りたいと考えています。そのため、そのトライアルセットの使用感が伝わるような写真を撮影します。
このように、どのような人をターゲットにしているのかによって、同じ商品でも紹介する視点が違ってきます。
雑貨や文房具の場合、通販サイトでは実際の商品の大きさがわかりにくいことがあります。ユーザーは使ったときのことをイメージできず、これが購入のためらいになります。
そこで、アフィリエイト記事では使ったところをイメージしやすいようにさせて、購入へのためらいを取り除きます。収納ケースの場合なら実際に収納した様子を撮影すると、その商品の大きさや購入して自分が使ったところをユーザーがイメージしやすくなります。
衣類やバッグの場合、通販の商品ページでは布や皮の状態が写真からはわかりにくいです。素材の肌触りや厚みなどを知ることができません。そこで、アフィリエイト記事では衣類やバッグなどを近距離で撮影して、布や皮などの状態がわかる写真を掲載します。
このように、アフィリエイトサイトに掲載する写真は、ユーザー視点に立つことが大切です。もちろん、写真がきれいならより一層わかりやすくてよいのですが、ユーザーのことを考えることが一番重要です。ユーザーは何を知りたいのか、何を求めているのか考えて、写真を撮影してみましょう。

-未分類

Copyright© 口コミレビューで検証!インターネット副業まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.