未分類

FXの方が外貨預金よりも優れている点

投稿日:

外貨に関する金融商品は、色々な種類があります。年利に注目して、外貨預金を前向きに検討している方も多いです。ですが色々な点を比較してみた結果、FXの方が外貨預金よりも優れているという声も多いです。

金利の高さに魅力がある外貨預金

外貨預金のメリットの1つは、金利の高さです。そもそも預金商品なら、普通預金という選択肢もあります。現に多くのサラリーマンの方々は、銀行の普通預金の口座にお金を預けています。給料の振り込み先を銀行口座にしている方も多いです。
ところが普通預金の場合は、金利の数字はあまり高くありません。年間1%にも満たないので、金利が高めな外貨預金を検討している方が多いです。外貨預金なら、年利5%以上の商品も沢山あります。高金利外貨などは、かなり高めになっています。

スプレッドは比較的狭いFX

ところで多くの方々は、外貨預金ではなくFXを選んでいます。その理由の1つはスプレッドです。
スプレッドは、しばしばFX業者を選ぶ基準の1つになっています。スプレッドが狭いFX業者であれば、手数料も低めになるからです。米ドルなどのスプレッドは、かなり狭めになっています。
ところで外貨預金とFXのスプレッドを比べてみると、かなりの差があるのです。外貨預金では0.5円ぐらいのスプレッドになっているものの、FXは0.05円というケースもたまにあります。手数料を考慮すれば、確かにFXの方が有利です。

簡単に決済できるメリット

またFXの場合は、比較的簡単に決済する事ができます。外貨預金ほど手間はかかりません。外貨預金で決済するとなると、基本的には解約手続きを踏む必要があります。銀行に連絡をした上で解約手続きを行う訳ですが、やや手間がかかるのです。銀行によっては、解約手数料を徴収されてしまう事もあります。
ところがFXの場合は、わざわざ面倒な手続きを行う必要はありません。FXの取引システムにログインして、決済というボタンをクリックするだけです。

空売りに関する違い

それとFXには、売りから入れるメリットがあります。
外貨預金の場合は、基本的には外貨を買うしかありません。いわゆる両替の手続きを踏む事になる都合上、空売りできない仕組みになっているのです。ですから外貨のレートが大きく下がってしまった時などは、大損失になってしまう可能性もあります。
ところがFXの場合は、簡単に空売りする事ができます。たとえ下落相場になっていたとしても、FXならお金を稼ぐ事もできるのです。

-未分類

Copyright© 口コミレビューで検証!インターネット副業まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.