知識テストのハードルは本当に高いのか

バイナリーオプションで取引したいなら、国内業者では知識テストを受験しなければなりません。とは言っても、わざわざ試験会場に足を運ぶ必要はなく、金融会社のホームページで受験できるようになっています。テストはハードルも高いと言われる事も多いですが、予想外に簡単だったという声もあります。

国内業者で取引する場合はテスト受験が必要

バイナリーオプションで口座開設の手続きを完了しますと、金融業者からパスワードなどが送られてきます。通常のFXであれば、パスワードでログインした後にすぐ取引を開始できます。
しかしオプション取引の場合は、即日に開始できる訳ではありません。まずは知識テストに合格する必要があります。ただし知識テストが実施されるのは、あくまでも国内業者に限定されます。海外業者でオプション取引する場合は、そもそもテストはありません。
そしてテストに合格しない事には、バイナリーオプションの取引を始められません。

テストのハードルは高いのか

ではテストで不合格になった時はどうなるかというと、実は再受験も可能です。不合格になったからと言って、今後は取引できない訳ではありません。何回でも挑戦する事はできます。
ただ不合格になった当日中は、テストを受ける事はできません。原則として、翌日まで待つ必要があります。何度か受験し続けていけば、いずれ合格するケースも多いです。
ちなみに知識テストの難易度に関しては、色々な意見があります。かなりハードルは高いという声もありますが、予想していたより簡単だったという声も多いです。
というのも知識テストは、よく見れば答えが書いてあるケースもあります。細かな点を見逃さなければ、決して合格できないテストではありません。
また知識テストを受験する際は、参考書やサイトなどを見ても構いません。大学入試のように、参考書などを見れないテストではありません。それだけに、比較的正答しやすいという声もあります。

団体のサイトで対策を施す事は可能

もしもテストが心配な時は、やはり対策は施しておく方が良いでしょう。受験勉強は事前の対策が大切ですが、それはバイナリーオプションの知識テストも同じです。
どうやって対策を施せば良いか言うと、金融関連の団体の公式サイトです。バイナリーオプションで出題される問題は、団体の公式サイトで確認できるようになっています。全100問の中からランダムに出題されますし、あらかじめ公式サイトには目を通しておく方が良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です